SABRINA GIFT

子供

子供プレゼント おしゃれ記念日ギフト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
記念日ギフト

24歳という若さでアカデミー賞主演女優賞を受賞したオードリー・ヘップバーン。
彼女の人生は愛に満たされているように見えましたが、実は、実生活における彼女は、常に会いに飢えていたのです。
幼少期の両親の離婚、戦争体験、バレリーナへの夢の破綻…。
そして2度の離婚を経験したオードリー。
しかし、彼女は2人の息子に恵まれ、彼らにはあふれんばかりの愛を注いだといいます。
愛を受け取れなかったオードリーではありますが、息子たちへの愛は、やがてユニセフ親善大使として、世界中の子供たちへ降り注がれることになったのです。

今回は、子供のお金教育と、子供が喜ぶプレゼントのお話です。
子供の頃からお金の使い方や溜め方の教育を受けてきた子供は、そうでない子供よりも経済観念が発達し、大人になってからは、お金で大きな失敗をする確率が低いという話もあります。
それでは早速、子供とお小遣い、子供に対するお金の教育、子供が喜ぶプレゼントについてご紹介していきましょう。

子供のお小遣いの与え方

子供のお小遣い、いつから与えようとお考えですか?
この点については、各家庭によって考えが異なり、3歳から与えるという家庭があれば、小学校に入学したタイミング、中学校に入学したタイミングというようにばらつきがあります。
そして、最も多く見られるのが、小学校に入学したタイミングです。
では、子供にはどのようにしてお小遣いを与えれば良いのでしょうか。
こちらでは3種類のお小遣いの与え方と、与える金額についてご紹介しています。

定額制

毎月決まった額をお小遣いとして与える方法です。
定額制では、毎月もらえるお小遣いの金額が決まっているわけですから、お小遣いをもらった子供はお金の使い方を考えながら1か月間を過ごすことになります。
つまり、カレンダーを確認しながら計画的にお金を使えるようになるということですね。
しかしその反面、自分がもらっているお小遣いの金額がお友達よりも少ない場合には、それが劣等感の原因になることがあります。
与えるお小遣いの金額で迷ったら、同年齢の子供を持つ親に相談してみても良いかもしれませんね。

報酬制

お遣いに行ってくれた、洗濯物を畳んでくれたなど、お手伝いをしてくれた際にお小遣いを渡す方法です。
つまり、労働対価を幼少期から学べ、労働の大切さを体で感じることができるということです。
しかし、この方法ではお小遣いをもらえないとわかると家事を手伝ってくれなくなる可能性があるというデメリットもあるのです。
そのような理由から、この方法でお小遣いを与えるなら、未就学児に限定したほうが良いかもしれません。

必要に応じてその都度与える

「〇〇ちゃんへのプレゼントを買いたい」というように、お小遣いが必要になったときに、その都度お遣いを与えるという方法です。
この方法では、矢金の使い道を親が把握できるというメリットがありますが、その一方でお小遣いを与えすぎてしまったり、お金の価値を学べなくなったりする可能性があるというデメリットもあります。

子供お金教育

子供に対するお金の教育は、できるだけ早い段階で開始しておく必要があります。
それは、幼少期からお金の教育を受けておくことで、「お金とは何か」「正しく得られる方法とは」「正しいお金の使い方と管理方法」を学べるからです。
それでは、具体的な子供のお金に対する教育方法について見ていきましょう。

お小遣い用の財布を与えておく

子供にお小遣いを与える際には、お小遣い専用の財布も一緒に与えておきましょう。
それにより、今現在再阿附の中にある金額を確認し、無駄遣いを抑えることができます。
また、お金が減ることで「お金は無限にあるものではない」という概念も教えることができます。

使うだけではなくお金の残し方も教える

お金を使うだけではなく貯めるものでもあるということも、お金の教育として行っておく必要があります。
そのためには、子供用貯金箱と通帳を用意しておき、貯金箱のお金がいっぱいになったら通帳に移すという行動も教えてあげましょう。
もちろん、貯まったお金で子供が何かを買いたがっているなら、無理に貯金させる必要はありません。
この場合でも、自分がお金を溜めたことで好きなものを変えるようになるという概念を教えることができます。
なお、貯まったお金で子供が欲しいものを手に入れた際には、「よく我慢したね。偉いね」と褒めてあげてくださいね。

定額制でお金を残したらご褒美を!

定額制でお小遣いを使い切らなかった場合には、そのご褒美として100円、200円というようにご褒美をあげましょう。
このご褒美は、「計画的にお金を使って残した」ことに対するものですので、将来大人になった際のお金の使い方に良い影響を及ぼすでしょう。

子供の気持ちを育てる記念日プレゼントとは

誕生日や入園・入学祝などの記念日には、何か記念に残る品物をプレゼントしたいものです。
それでは、子供の気持ちを育てる記念日プレゼントの考え方についてご紹介します。

「子供が欲しい物」だけを基準にして選ばないこと

子供の記念日プレゼントは、できるだけ子供が欲しがっている品物を選びたいと考えるでしょう。
しかし、子供が欲しがっている品物を見境なく買い与えてしまうと、子供は「欲しがれば何でも買ってもらえる」と考えるようになり、我慢を知らない子供に育ってしまいます。
そして、それが幼少期のみに留まれば良いのですが、その考え方が身についてしまうと、大人になってもその考え方が抜けず、お金を借りてでも欲しい品物を手に入れようとしてしまいます。
もちろん、住宅などの大きな買い物ではローンを利用することがあるかもしれませんが、日常生活の中で我慢をできないと、やがてお金がいくらあっても足りないという生活に陥るリスクが高まります。
そうならないためには、記念日プレゼントを選ぶ際には、「欲しい物」を選ぶとともに、「本当に必要なものかどうか」を見極めて買い与えることが大切でしょう。

「特別な日」の貴重なプレゼントだということを教えること

記念日プレゼントは、常日頃から買い与えている品物よりもやや高額になるでしょう。
しかし、それをポンと買い与えてしまってはダメです。
そうではなく、「今日は特別な日だから」ということを教え、次回の特別な日まで高価なプレゼントはお預けにしておくことが大切です。
それにより、欲しかったプレゼントを買ってもらえたときには「我慢して良かった!」という気持ちが芽生え、「待てる子供」になるでしょう。
そして、実際にプレゼントを受け取った子供は大感激し、親や祖父母に感謝するでしょう。
また、特別な日のプレゼントを渡す際には、子供が我慢できたことを褒めるという意味で、全力で子供が喜ぶ演出をしましょう。
そうすることで、子供の心の中にはプレゼントを受け取ったその瞬間が、素晴らしい思い出となって残るでしょう。

子供プレゼント 人気

未就学児の場合、「〇〇が欲しい」という主張はほとんどしません。
しかし、小学校に入学する年齢になると、周囲のお友達から刺激を受けることもあり、欲しいものがはっきりとしてきます。
こちらでは、小学生の子供か喜ぶ人気のプレゼント3選をご紹介しています。
なお、小学生の年齢には幅がありますので、子供の年齢に合った品物をセレクトしてプレゼントしてあげてくださいね。

知育玩具

幼少期から小学生までの定番プレゼント、それは知育玩具です。
たとえば、レゴブロックや積み木、パズル、顕微鏡などがこれに該当します。
知育玩具にはあらゆる種類がありますが、これらは脳を使って作品をつくる、顕微鏡で微生物を調べることで好奇心を満たせるといったメリットがあります。
大切なことは、子供の好奇心を満たし、なおかつ脳の発育に役立つプレゼントを選ぶということです。
知育玩具は時代を越えて不動の人気を誇るプレゼントですので、ぜひ、大切な日のプレゼント候補として考えてみてください。

実用品

小学校に入学すると、文房具など必需品が増えてきます。
また、大人が日常的に使用する品物に対する興味も高まる年齢ですので、実用的かつ将来役に立つ品物をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。
たとえば、腕時計やタブレット、カメラなどがその一例です。
これらは長く使え、しかも実用品であるため、使い方を覚えるという意味でもおすすめできるでしょう。
また、女の子なら、小さなドレッサーやヘアドライヤーなども喜んでくれるでしょう。

アウトドア系

ゲームで室内に閉じこもる子供がいる一方で、アウトドア系の遊びが好きな子供も大勢います。
そして、そのような活動的な子供に人気なのが、自転車やサッカーボール、グローブ、キックボードなどの遊具です。
また、家族全員で楽しめるという点で選ぶなら、インドアのオセロゲームやジェンガなどでも良いでしょう。
さらに、科学的なものに興味を持ち始めた子どもなら、ロボットやVR体験玩具などもおすすめです。

子供プレゼント 1000円

子供にちょっとしたプレゼントを…と考えたときには、高価なプレゼントではなく、1,000円程度で購入できる品物を選んでみてはいかがでしょうか。
それでは早速、予算1,000円程度で選べるおすすめ子供プレゼントをご紹介しましょう。

名入れハンカチ(低学年向け)

小学校低学年は、何かと物をなくすことが多いため、名入れのプレゼントがおすすめできるでしょう。
そこで、実用性が高いという点で選ぶなら、名入れハンカチではいかがでしょうか。
ハンカチは何枚あっても困ることはありませんし、ことあるごとに手洗いをする小学生にとってはうれしいプレゼントだといえます。
また、名入れにすることで「自分だけのハンカチ」という優越感を持てましすし、名入れにすることでなくしても見つかりやすいというメリットがあります。
可愛い動物の名入れハンカチは持っているだけで楽しくなりますので、小学校低学年の子供プレゼントで迷っているなら、こちらも候補に入れて置くと良いでしょう。

腕時計(中~高学年向け)

小学校中学年や高学年になると、塾や習い事などで子供の生活が忙しくなります。
そこでおすすめなのは、腕時計のプレゼントです。
腕時計というと高価なイメージがあるかもしれませんが、最近ではデジタル腕時計やファッション腕時計が1,000円程度で販売されていますので、このようなタイプを選べば、贅沢すぎるプレゼントとはいえないでしょう。
腕時計は時間の管理に必要ですので、ぜひ、子供の好みに合った腕時計を選んであげてくださいね。

キャラクターミニボードゲーム(全学年向け)

小学校に入学してお友達がたくさんできると、自宅にお友達を連れてくる機会が増えます。
そして、そのようなときにあると便利なのが、キャラクターミニボードゲームです。
これなら、悪天候の日でも室内で楽しく遊べますし、お友達だけでなく、家族とも楽しいひと時を過ごせるでしょう。
ミニボードゲームなら1,000円以内で購入できますので、ぜひ、プレゼントとして考えてみてくださいね。

子供プレゼント おもちゃ以外

子供のプレゼントの定番はおもちゃですが、実は、おもちゃ以外にも子供が喜ぶプレゼントはあるのです。
それでは早速、子供が喜ぶおもちゃ以外のプレゼントをご紹介しましょう。

体験教室orイベント参加

絵画や陶器、スノードームづくり、乗馬などの体験教室を親子で楽しんでみましょう。
普段体験しないような教室では、新しい驚きと喜びがあり、親子ともども楽しめます。
また、観劇やコンサートなどで芸術に触れるというのもいいですね。
ただし、観劇やコンサートはーには年齢制限が設けられていることがありますので、この点については事前に確認しておいてくださいね。

書籍

小学校低学年の子供には絵本がおすすめできますが、小学校中学年以降になると、漢字の知識がかなり増えているため、活字の書籍のプレゼントがおすすめできるでしょう。
また、活字の書籍には難しい言葉も出てきますので、自発的に難しい言葉を調べられる国語辞典も一緒にプレゼントすると良いでしょう。
幼少期に絵本が好きだった子供は、今度は活字の書籍に興味を移すはずですので、まずは小学生向けの書籍を選んでプレゼントしてみましょう。

洋服

男の子も女の子も、小学生になると周囲の影響を受けておしゃれに興味を持ち始めます。
そして、そのようなときにもらってうれしいのが、洋服のプレゼントです。
また、洋服はおしゃれ着や普段着でも良いのですが、キャラクターが好きならなりきりグッズの衣装をプレゼントしても良いでしょう。
もしも洋服をたくさん持っている子供なら、おしゃれ、かっこいいと思うスニーカーなどもおすすめです。

子供プレゼント 300円

小学校低学年の子供にプレゼントする場合、あまり高価なプレゼントを贈ったとしても、子供にはその価値がわかりません。
それなら、300円前後で購入できるお手軽プレゼントではいかがでしょうか。
それでは、予算300円前後で購入できるおすすめプレゼントをご紹介しましょう。

タオルハンカチ

何枚あっても困らないのが、吸汗性が高いタオルハンカチです。
特に小学校低学年の子供は、まだ上手に食事を摂れないことも珍しくなく、給食で口の周りを汚してしまうなどは日常茶飯事でしょう。
そのようなときにあると役立つのが、タオルハンカチです。
なお、タオルハンカチにはアイスキャンディー型に畳んであるものや、野球ボールデザインの圧縮タイプなどがありますので、子供の好みに合ったタイプを選んでプレゼントしてみましょう。

ボールペン

小学校では鉛筆を使用する機会が多いですが、大人の真似をしたい子供は、ボールペンが欲しいと考えている可能性があります。
そこでおすすめなのが、可愛い柄入りのボールペンプレゼントです。
また、ボールペンは1本だけのプレゼントよりも、色とりどりの数本セットのほうが子供は喜びますので、ボトルケース入りボールペンセットを選ぶと良いでしょう。
このようなタイプのボールペンは、見た目に反して安価に購入できますので、なくしたり壊したりすることが多い子供のプレゼントにはピッタリです。
なお、ボトルケースにはブルーやグリーン、ピンクなどがありますので、子供の性別や好みに合うタイプを選んであげてくださいね。

歯ブラシ

小学校に入学した子供は、すでに歯磨きを経験しているでしょう。
しかし、上手に磨けるかどうかはまた別の話です。
また、子供によっては歯磨きを嫌がる場合もあるでしょう。
それなら、可愛い歯ブラシをプレゼントして、「歯磨きは楽しいもの」と教えてあげてみてはいかがでしょうか。
可愛い歯ブラシがあれば、それを持つこと自体が楽しみになって、積極的に歯磨きしてくれるようになるかもしれませんよ。

子供プレゼント

子供プレゼント お菓子

大人も子供も大好きなお菓子。
しかし、大人が見た目と味にこだわるのに対し、多くの子供は見た目の可愛らしさに惹かれてお菓子を選ぶ傾向が強いようです。
それでは、見た目が可愛くて子供ウケしそうなお菓子プレゼントをご紹介しましょう。

アニマルドーナツ

多くの子供は、可愛い動物に目がなく、それはお菓子になっても同様です。
つまり、動物をイメージしたお菓子を選べば、ほとんどの子供は喜んでくれるということですね。
また、一口サイズのドーナツなら子供でも残さずに食べられるため、無駄なく消費できるというメリットもあります。
なお、アニマルドーナツの中にはプレゼント用として名入れできる種類もありますので、誕生日プレゼントに添えるなどの場合には、名入れで贈ればさらに喜んでくれるでしょう。

スマイルマーブルチョコ

発売以来ベストセラーを誇っているはマイルキャラクター。
時代が変わっても依然と高い人気を誇っているこのキャラクターをモチーフにした、可愛いマーブルチョコではいかがでしょうか。
マーブルチョコなら小粒で食べやすく、しかもカラフルな彩りがワクワク感を誘います。
また、容器も可愛いため、マーブルチョコを食べ終わったら、消しゴム入れなどとしての活用も可能です。
マーブルチョコの中にはメッセージに対応している種類がありますので、贈る日に合ったメッセージを選んでプレゼントしてみましょう。

プチカップケーキ

果実や動物をモチーフにした飾りが乗ったタルト風プチカップケーキは、遊び心があって食べてしまうのがもったいないくらいです。
数種類の異なる種類が詰め合わせになったカップケーキは、飾っているだけでも楽しくなりますので、見た目の可愛らしさに惹かれる子供のプレゼントにピッタリだといえるでしょう。
なお、プチカップケーキは少々お値段が張りますので、誕生日や入園式・入学式のお祝いなど、特別な日のプレゼントに適しているでしょう。

子供プレゼント 500円

子供にプレゼントしたいけれど、300円のプレゼントでは物足りない。かといって、1,000円のプレゼントではちょっと贅沢かも。
このようにお考えなら、その間を取った500円前後のプレゼントを選んでみてはいかがでしょうか。
それでは、予算500円で購入できるおすすめプレゼントについてご紹介します。

クレパスタオルセット

文具メーカーのクレパスをイメージしたパステルカラーのタオルセットです。
クレパスは幼少期のお絵描きですでに触れているはずですので、クレパスデザインの紙に巻かれたタオルをプレゼントされた子供はきっと大喜びしてくれるでしょう。
クレパスタオルの色合いは、ピンク&イエロー、ブルー&グリーンというように選べますので、子供の性別や好みで気に入ってくれそうな種類を選ぶと良いでしょう。
タオルは長く使えるアイテムですので、記念品としてもおすすめできそうです。

文具セット

小学生の女の子は、とにかく可愛いものが好きです。
たとえば、カバンやハンカチなどにも可愛らしさを求めますが、文具一式も可愛いデザインのものでまとめたら、ますます自分の世界が広がるでしょう。
キャンディ型マーカーやハート型クリップと消しゴムなど、凝ったデザインでパステル調の文具一式は、きっと女の子の心をわしづかみするでしょう。
この文具セットは、見た目がお菓子のような雰囲気で、飾っておくだけでもワクワクした気分を味わえます。
こちらのプレゼントは女の子限定にはなりますが、とても可愛いので小学生のプレゼントとしてのおすすめ度が高いといえるでしょう。

ペンポーチ

ペンポーチは、一般的なペンケースよりも柔らかい素材で作られているため、小学生へのプレゼントにピッタリです。
また、硬いプラスチック製のペンケースでは床に落とすと割れてしまうリスクがありますが、柔らかい素材のペンポーチならその心配がありません。
また、ペンケースは中学生にも対応できますので、中学生用のちょっとしたプレゼントをお探しの方にもおすすめできるでしょう。
なお、ペンポーチには消しゴムやシャープペンシルがセットになっていますので、筆記用具のスターターキットとしてもおすすめできるでしょう。
カラーはやや試作な雰囲気ですので、小学生にプレゼントするなら中学年以上におすすめです。

子供プレゼント

子供プレゼント、まとめ

今回は、子供のお小遣いに対する考え方やお小遣いの与え方、お金に対する教育、そして、子供におススメのプレゼントについてご紹介してきました。
「お金の話や教育は、子供がもう少し大きくなってからでいい」とお考えの方は大勢いることでしょう。
しかし、お金の概念やお小遣いの使い方、お金のありがたみを子供に教えるなら、少しでも早いほうが良いのです。
それは、子供の頃からお金の管理やありがたみ、正しいお金の使い方を身に着けておけば、経済観念が発達した子供に成長し、大人になってからもお金で大きな失敗をするリスクを減らせるからです。

また、子供にプレゼントを贈る際には、その子供が欲しがっている高価な品物ではなく、本当に必要で、なおかつ役に立つプレゼントを贈ることも大切です。
それにより、「欲しがったら何でも買ってもらえる」という考え方ではなく、「我慢をしてお金を貯めれば、やがて好きなものが手に入る」という考え方ができるようになり、社会生活を送る上でのベースを築くことができるのです。
つまり、正しいお金の知識を持ち、お金を正しく使える大人になれるということですね。

子供の時期に身をもって覚えたお金の知識は一生ものですので、子供が小学校に入学したら、お金の概念や使い方など、子供が将来必要になるお金の知識をしっかりと教えてあげましょう。
また、こちらの記事では、小学生が喜ぶプレゼントについてもご紹介していますので、ぜひ、子供の性別や年齢に合ったプレゼントを贈り、家族全員で楽しいひと時をすごしてくださいね。

オードリーのように愛する心を忘れないように。
For Beautiful Life

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

読みもの

>HOMEに戻る

記念日ギフトに役立つ
皆さんのアイデア募集中

アンケート&プレゼント

sabrina-gift.shopJAPAN GIFT JAPAN MADE

幸せな日々を贈るための記念日ギフト
学びと価値をうむアイデアがいっぱい

sabrina-gift.shop

心に残るプレゼント
今日この日を祝う記念日ギフト

smile

記念日のお祝いの意味やマナーなど、学びと価値を生む”記念日ギフト”のアイデアの読み物コラムを交えながらサービスを提供しています。
実在するMISSサブリナが、”永遠のエレガンス”オードリーのエピソードからイメージさせる、”新しい日本文化の創造”と”サブリナらしさ”に想いを込めたギフトセレクトショップをめざしています。
節目の日の”記念日ギフト”だからこそ、”日本の文化を伝えるらしさ”をブランディングし、「ご縁」を大切にしながら、世界の皆さんと繋がる新しい日本文化を創造してまいります。
“お祝いの輪”を東京表参道からお届けいたします。

オードリーのように愛する心を忘れないように。
For Beautiful Life
From MISSサブリナ

お得な情報・お役立ち情報配信中

無料会員登録・メールマガジン登録

ミスサブリナ株式会社

読みもの

>HOMEに戻る

記念日ギフトに役立つ
皆さんのアイデア募集中

アンケート&プレゼント

sabrina-gift.shopJAPAN GIFT JAPAN MADE

幸せな日々を贈るための記念日ギフト
学びと価値をうむアイデアがいっぱい

sabrina-gift.shop

心に残るプレゼント
今日この日を祝う記念日ギフト

smile

記念日のお祝いの意味やマナーなど、学びと価値を生む”記念日ギフト”のアイデアの読み物コラムを交えながらサービスを提供しています。
実在するMISSサブリナが、”永遠のエレガンス”オードリーのエピソードからイメージさせる、”新しい日本文化の創造”と”サブリナらしさ”に想いを込めたギフトセレクトショップをめざしています。
節目の日の”記念日ギフト”だからこそ、”日本の文化を伝えるらしさ”をブランディングし、「ご縁」を大切にしながら、世界の皆さんと繋がる新しい日本文化を創造してまいります。
“お祝いの輪”を東京表参道からお届けいたします。

オードリーのように愛する心を忘れないように。
For Beautiful Life
From MISSサブリナ

お得な情報・お役立ち情報配信中

無料会員登録・メールマガジン登録

ミスサブリナ株式会社